ビタミンCの知識
ビタミンC レモン

ビタミンとは、ヒトの体内では合成することができませんが、生命を維持するためには必須の栄養素となります。そのため外部から常に摂取をしなければなりません。
その一つのビタミンCは水溶性のビタミンであり、物質の正式名はアスコルビン酸です。ビタミンCは、レモンなどの柑橘系フルーツ、アセロラや緑黄色野菜など、自然界に存在する多くの植物に含まれています。
多くのサプリメント、化粧品などに使われていますので馴染みも深いと思います。


特に肌を美しく保つための効果や風邪予防のための成分としてよく知られていますが、その他にも抗がんや貧血の予防などにも効果を表すことが知られています。
ビタミンCはその体内量が不足すると疲労感、食欲不振、不眠症などの症状が出るだけではなく、壊血病という病気にかかってしまう恐れもあります。

特に、喫煙者やストレスをためこむ人、外にいることが多く紫外線を浴びやすい人は、ビタミンC消費量が多くなるという研究データが多くありますので注意が必要です。

ビタミンCの様々な効能と効果、上手な摂取方法や必要摂取量、多く含まれる食品などを知り、美容と健康維持に役立てましょう。

アンチエイジング ビタミンCはアンチエイジングの成分としても知られています。老化は、体内の活性酸素が過剰発生することによって起こります。この活性酸素は、身体のエネルギーを作り出す際に、必ず発生するものですが、ストレスなどが原因で必要以上に発生してしまう場合があります。その結果、身体を酸化させて、老化を招くとされています。
「抗酸化作用」という働きをもっているビタミンCは、その活性酸素の発生を防ぐだけでなく、血液をサラサラにする力も所有しています。

コラーゲン生成 コラーゲンは身体の細胞と細胞を結ぶたんぱく質であり、人間の30%を占めています。
ビタミンCはコラーゲンを生成する手助けをすることが知られています。すなわち、皮膚や粘膜の強化にも役立ち、ウィルスの侵入を防ぐ力となるのです。

クエン酸の知識

クエン酸は有機酸の一つで、主に柑橘類などに酸味成分として含まれています。通常、食べ物を摂取すると、体内で吸収されてブドウ糖に変わり、さらに酵素、ビタミン、酢によって燃焼されエネルギーとなって消費されますが、このブドウ糖が完全燃焼されないと、焦性ブドウ糖ができ、これが筋肉に蓄積されると、一部が疲労の原因物質といわれる乳酸に変化します。クエン酸には焦性ブドウ糖を分解し、乳酸の生成を抑制する作用があります。
またクエン酸は、体内でエネルギーを産生するクエン酸回路の中で産生される一物質です。そのため疲労回復などには効果があると考えられます。

感想
20代女性
これをいただくようになってから、肌の調子がいいです。また風邪を引かなくなった気がします。いいことずくめなので、私には必需品です。
30代女性
アセロラ風味が変わっていて、しかもおいしいです。健康になるかな、くらいな軽い気持ちでのんでいますが、味がいいので続けられています。
オススメの飲み方

ビタミンCはローヤルゼリーとの相性が良く、双方を同時に飲むと相乗効果が期待できます。


ページ先頭