ローヤルゼリーの知識
ローヤルゼリー

ローヤルゼリーは若い働きバチが花粉や蜂蜜を食べ、体内で消化・分解・合成され、分泌する物質です。働きバチの頭部から分泌される乳白色のクリーム状のもので、それが女王バチの唯一の食事となります。
ローヤルゼリーを食べた幼虫は、24時間で体が数倍になるという驚くべきスピードで女王バチへ成長していきます。そして、働きバチの寿命が約30日に対して女王バチは3~5年。産卵期には一日に数千個の卵を産み、若さを失うことなく、一生涯受精卵を産み続けます。この驚異的な生命力の源がローヤルゼリーです。


ローヤルゼリーの研究は、ヨーロッパ各国で1900年代より本格的に行われるようになりました。当時のローマ法王が肺炎による危篤状態に陥った際、主席侍医らがローヤルゼリーを投与したところ、見事に回復。1955年ローマで開催された国際医学会にて発表後、1958年、ローマで開かれた国際養蜂会議で、法王自らミツバチを称えるスピーチを行ったとされています。

これをきっかけにローヤルゼリーが全世界に知れ渡ることとなります。日本においては、1959年ころから「不老長寿の新薬」として輸入され始め、1960年、国内で生産が始まりました。

王乳とも呼ばれるローヤルゼリーは、良質のアミノ酸をはじめとする50種類以上の様々な成分を含み、タンパク質、糖分、脂質、ビタミン、ミネラルと多くの栄養素がそろった完全栄養食と言えます。

しかしながら、ローヤルゼリーの何が女王バチの成長、精力に起因するのかに関しては謎が多く、その未知の成分は「R物質」と呼ばれ、世界中で研究されてきました。その結果、一つの指標となったものが10-ハイドロキシ-δ-2デセン酸(以下デセン酸)です。デセン酸をいろいろ分析してわかった生理活性は主なものは以下のようになります。

  • 血糖値を下げるインスリン様作用
  • ガン抑制の抗腫瘍作用
  • 皮脂分泌抑制作用
  • 血中のコレステロール低下作用
  • 女性ホルモン同様の働き

この成分はミツバチのみが産生できる物質で、他の天然物には含まれていないことから、デセン酸の割合が多いほど純良なローヤルゼリーとされています。 このデセン酸がR物質であると最近までは信じられてきました。 しかし、最新の研究では「アピシン」という高分子タンパク質が女王バチの成長に大きく関わることがわかってきました。このことは多くの実験によって明らかになりつつあります。

ヒアルロン酸の知識

ヒアルロン酸を関節注射剤として開発されたきっかけには、競走馬が深く関わっています。関節炎を患い、廃馬寸前だった競走馬の関節にヒアルロン酸を注射したところ、その馬はレースに出場できたばかりか、勝利を収めたのです。馬に効くなら、人にも応用できるのではないか?とヒアルロン酸の研究が始まりました。

経口摂取されたヒアルロン酸は腸管から吸収されます。吸収されたヒアルロン酸及びヒアルロン酸の代謝物の一部は皮膚や関節の結合組織に移行して、各組織で利用された後、肝臓で代謝され排出されます。

ローヤルゼリーとヒアルロン酸の相乗効果

これら双方を同時に摂取すると、それぞれの吸収が高まると言われています。これを一粒の中に効果的に処方して作り上げたものが弊社のローヤルゼリー+ヒアルロン酸です。

あなたの健康ライフに総合的にお役にたてるよう、次のようなときにお使いください。

  • 疲れたとき
  • 風邪をひきそうなとき
  • 精力が減退気味だと感じるとき
  • お肌の潤いが不足気味と感じるとき
  • 膝、肘など関節に違和感をおぼえたとき
感想
50代男性
一日一粒を寝る前にのんでいますが、疲れたときや風邪を引きそうだなと、感じたときなどは3~4粒のむと次の日にはすっきりしていることが多いので助かってます。
40代女性
これをのむようになってから、お肌の調子がとてもいいです。もう若くないからと思っていましたが、最近は朝、鏡に向かうのが楽しみです。
50代女性
軽いテニスエルボーになり、困っていましたが、これをいただいてから嘘のように肘が軽くなりました。ローヤルゼリーとヒアルロン酸の相乗効果ってすごいですね。
20代女性
便秘気味だったのですが、かなりよくなりました。それにお肌の調子がよくなり、お化粧の乗りがとてもよくなりました。これは便秘解消のおかげだけでは絶対にないと思います。
40代男性
最近、精力減退気味だったのですが、これに出会ってから夜も朝も元気になりました。

ページ先頭