ウコンの知識
ウコン

弊社では、古くよりガジュツ(莪朮)を主成分とする「胃健楽錠」という商品名の医薬品錠剤を製造販売していました。諸般の事情により平成15年、その製造承認を返上し製造は終了しました。
しかし製造中止を惜しむ声は多かったため、同じ原料を使った健康食品「ウコンUCON」として再生させましたが、今回その改良版「ウコンS」を発売いたしました。紫ウコンに春ウコンを加え、さらにその成分であるクルクミンを増量しました。


ガジュツ(莪朮)は、健康食品として知られる紫ウコンと同じものです。ショウガ科ウコン属に属する多年生草本で、その根茎がガジュツとなります。初夏(6~7月頃)に花をつけるため「夏ウコン」、また、包葉の色や根茎の切り口が紫色であることから「紫ウコン」と呼ばれています。

紫ウコンには約5%前後の精油成分と約5%前後のポリフェノール類(クルクミン)が含まれています。また春ウコンにはさらに多くのクルクミンが含まれています。
それら成分の組成から導き出される効能としては、胆汁・胃液の分泌の促進、抗高脂血症、健胃、殺菌効果などが期待できますが、特に消化系・肝臓の症状改善に効果を発揮すると考えられます。
肝機能を増進するということがよく知られていますが、適正に使用すればある程度の二日酔いの抑止効果があると思われます。

苦味のあるウコン類をのみやすく、錠剤にしたものが、弊社の「ウコンS」です。その性質をできるだけ自然に近い状態で保持するため、柔らかい錠剤となっています。
胃腸楽々健康ライフ。
弊社のウコンSをご愛用ください。

感想
50代男性
お酒は好きなのですが、あまり強くないものですから、どうしても断れないつきあいの宴会があったときは、乾杯の前、寝る前、翌日起きたあとにのむとすっきりさわやかで出社できます。
30代女性
胃が弱いので、愛用しています。お通じの状態もよくなりました。
40代男性
古い本に書いてあったのですが、ガジュツは口中で味わって服用するとその効果が倍増する、とのことでしたので、私はこの錠剤をかみ砕いて、大量の水でのむようにしています。
最初は苦くて大変でしたが、もう慣れました。
20代男性
苦みと香りが苦手なのですが、健康のために毎日のんでいます。

ページ先頭